6月の花

​アジサイ
シャクヤク
トルコキキョウ
6月の花

6月前半はシャクヤク、アジサイ、蔓のラインが美しいテッセン、後半はギガンジューム、アガパンサスなどが出回ります。アジサイのイメージからか、涼しげなブルー系の花々に魅力を感じる月ではないでしょうか。周年出回るバラ、ユリ、ダリア、カラー、トルコキキョウ、ラン、グリーンも美しい時期で価格も比較的安価です。実物・枝物も豊富に揃い花選びに困りません。4-5月に比べ、花が咲く枝ものは少なくなります。代わりにブルーベリー、スグリ、サンキライ、ブラックベリーなどの実がついた枝物やスモークツリーやアジサイなど6月ならでは枝物を楽しむことができます。

​暖かくなり、花瓶の水は汚れやすくなります。こまめな水替えをすると、より長くお花を楽しむことができます。

★香りを感じない〜微かに香る ★★ほのかに香る ★★★香りが良い

ユリ
6月のFlowerGift

​瑞々しく美しいグリーンをたくさんあわせたアレンジメントが素敵です。

​Onlineshopはこちら

1 年を通じて入手可能なお花

すべての季節に入手可能なお花をご紹介するページです。

 

​スグリ
​スモークツリー
ダリア

シャクヤク:★★

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合のよう」と言われるほど、高貴でエレガントな花を咲かせます。ウェディングや会場装花、フラワーギフトなど、様々なシーンで人気のお花ですが、国産は4月後半から6月上旬の限られた時期にしか出回りません。 堅いつぼみのものを仕入れ、生花店で3−5日間かけて咲かせます。咲いてからの花持ちは長くないため、美しく開花したシャクヤクをオーダーしたい場合は、早めのオーダーが必要になります。白やピンクがほとんんどで、花径の大きさは15~20cm程です。香水の原料にもなる花で、よい香りがします。

カラー:★

美しく長い茎にクレープを巻き込んだような独特な形の苞がシャープな印象を与えます。全長80センチほどあるタイプや、花形の美しい小ぶりなタイプがあります。茎を活かしたブーケが人気です。周年出回ります。春から初夏が旬の花です。(最盛期は6月)

アジサイ:★

アジサイといえば梅雨時・6月の代名詞ですが、ホワイトのアジサイは、南半球のコロンビアなどからも輸入され、ほぼ通年出回るようになりました。切花として売られているものだけでなく、鉢物のアジサイをカットしてアレンジに使用することも出来ます。4月〜出回りが増え、5月6月には旬を迎えます。

マトリカリア:★

小菊のようなかわらしく小さな花をたくさん咲かせます。ガーデンを思わせるウェディング装花やブーケに人気のお花です。国産のマトリカリアは,3~7月頃の出回りで、それ以外の時期は輸入のお花があるため、ほぼ周年入手することが可能です。充分な給水ができなくなると、すぐにしおれてしまいます。長時間持ち歩くブーケには向きません。薬用のハーブとして古くから利用されていますが、カモミールとは異なる品種のお花です。

テッセン:★

つる性の植物で、細く美しい茎の先端に可憐な花を咲かせます。動きを感じさせる曲線、はかなげな雰囲気、白や紫といった控えめな色合いには「和」のイメージがあります。5-6が旬のお花です。中国の野山に自生していた原種で、花弁が6枚のものが「テッセン」です。日本に自生していた花弁が8枚の「カザグルマ」とテッセンを交配して出来たお花が「クレマチス」です。○

カンパニュラ:★

ベル型のホワイトや淡いピンク、パープルの花をたくさんつける可憐な花です。5-6月の短い時期に出回るお花で、6月後半にはあまり良い状態ではないかもしれません。お花は、茎の下から上にむかって徐々に開花します。ボリュームもよく季節の雰囲気を感じさせてお花です。○

デルフィニウム:★

ブルーの花の代表であるデルフィニウム。デルフィニウムは長い花穂が華やかなエラータム系と、枝分かれした茎に小花をちらちらと咲かせるシネンセ系、さらに中間のタイプであるベラドンナ系があります。きちんと吸水させることが重要で、エアコンの直風にあたるなど厳しい環境下ではすぐに萎れてしまいます。4月〜6月が旬の花ですが、切花では通年出回っており、大きなフラワーアレンジメントには欠かせない存在です。

アガパンサス:★

放射状に数十輪の花を咲かせます。花径は10−15cm程度で外側から順に中心に向かって開花し、長く楽しめます。まっすぐで長さがある茎が優雅で美しく、夏を涼しげに演出してくれます。 6月が旬のお花です。○

グロリオサ:★

特徴的な花姿のグロリオサ。アレンジメントの脇役にも、主役にもなるお花です。

グローリ(栄光)の意味を持つので、昇進・受賞などお祝い事のお花におすすめです。赤・黄色以外にも、少量ですがピンクやパールホワイトの花色があります。周年出回っていますが、花形、大きさ、色がきれいなのは5月前後です。

オリエンタルリリー:★★★

大輪で香りが良い品種が多いオリエンタルリリーは、優雅でエレガントな雰囲気の花姿も美しく、ボリュームもあるため、大きなフラワーデコレーションに人気がある花です。つぼみの状態で仕入れをし、5日ほどかけて1-2輪咲かせます。その後先端のつぼみまで時間をかけて必ず咲くお花です。周年出回りますが、初夏〜夏が旬です。○

サンダーソニア:★

6〜8月が旬のお花ですが、周年入手することが可能です。オレンジ色のちょうちん型の花が数輪がついている個性的な花姿で、一輪挿しにしても存在感があります。とても花持ちの良いお花です。生け花やアレンジメントなどでよく利用されています。

トルコキキョウ:★

一重咲きのものから、大輪のバラのように咲く八重咲きまで、咲き方や花のサイズ、色のバリエーションが豊富で丈夫なお花です。夏が旬の花ですが周年出回ります。大変花もちが良くどんなシーンにもおすすめできます。1本に3輪程度の花をつけ、つぼみもだんだんと咲いていきます。特に八重咲きのトルコキキョウは1本あたりの値段が800-1000円程度と高価ですが、ボリューム感と花もちの長さを考慮すると納得して頂けるはずです。フラワーギフトはもちろん、ウェディングデコレーションでも人気の花です。○

グラジオラス:★

花丈があり、華やかな雰囲気から安定して人気があるお花の一つです。透明感のある花びらが美しく、花色も豊富で、丈夫な花です。一方向の縦に並ぶつぼみは、下から上に向かって徐々に花開きます。周年出回りがありますが、夏から秋にかけてが旬のお花です。

ダリア:★

大きく華やかに咲く花の代表格で、色や花形も豊富なことから、非常に人気の高いお花です。秋に咲く花として有名ですが、近年では一年を通して様々なダリアが市場に出回っています。花保ちが良くないため、ウェディングやイベントなど短い時間だけの装花に向いています。ダリアを生けるときには、必要のない葉はなるべく取り除き、水をしっかりと吸水できるように深さのある水に生け、花保ちを良くするためのスプレーをかけるなどの配慮が必要です。

Please reload

アイコニックボックス株式会社

アイコニックフラワー

iconicflower

iconicbox,Inc.

〒164-0013  3-28-1 Yayoicho Nakano,Tokyo

TEL:03-5302-1529 FAX:03-3378-1529

http://www.iconicflower.com

© 2013-2019  iconicflower

Lineでもお問い合わせ頂けます。下記のリンクからお友だちに追加してください。

https://line.me/R/ti/p/%40iconicflower

 

​お問い合わせ
Menu
  • Twitter Icon
  • Facebook Icon
  • Instagram Icon