ミルフルールアレンジメントの練習

更新日:2021年5月4日


ミルフルールアレンジメント
ミルフルールアレンジメント

前回

ラウンドシェイプの

フラワーアレンジメントを作りました

ここでいうラウンドとは

半円球の形です

中心の

1点にむかって

すべての植物を挿し込み

四方からみて

美しい半円球の

形になるように作り上げます

この

中心の点を

メカニカルフォーカルポイント

と呼んでいます

メカニカルフォーカルポイント

に向けて

茎を挿していくということが

簡単なようで

難しいようです

茎が

メカニカルフォーカルポイントに

向かわず

花の頭だけがラウンドシェイプに

なればいいやと

雑に挿してしまうと

フォームの中で

茎がぶつかってしまいます

今日はラウンドの中の

一つのスタイルである

ミルフルールアレンジメント

を作りますが

ラウンドの基本

フラワーアレンジメントの基本

も、もちろん忘れることが

ないように制作しましょう

1,ミルフルールアレンジメントの特徴

ミルフルールとは

千の花という意味です

たくさんの種類の花々を使った

フラワーアレンジメントで

小さな花、たくさんの色の花を

大きく凹凸を付けて

一つの器にアレンジします

野に生える草花のような

繊細な花々のほうが

ミルフルールの雰囲気に似合います

*************

ラウンドの挿し方を思い出してください

中心の1本を挿し、

上から見て円

横から見て半円球になるよう

作りたい形の輪郭(アウトライン)に

何本かの花を挿します

さて、

今回は大きく凹凸がある

スタイルですから

次に

アウトラインよりも高く挿したり

アウトラインよりも低く挿したり

することを

器をくるくると回しながら

繰り返していきます

四方から見て

同じ形のラウンドシェイプで

凹凸の加減や

花の配置も

同じような雰囲気になるように

仕上げましょう

どこからか見たら

ラウンドの形がへこんでいたり

上から見たら

楕円形であったり

違和感がないかどうかを

確認します

***********

アレンジメントの基本

ラウンドアレンジメントの基本

ミルフルールの基本

とルールが増えてくると

頭の中が

とても忙しくなり

何かができていない場合が多いです


2,体で覚える

社員研修は

フラワーアレンジメント教室ではなく

職業訓練です

仕事として

取り組んで頂く以上

「今日はうまく出来なかった」

で、終わっては困ります

何としてでも

この機会に課題をマスターして

もらうために

こちらも必死です

頭で分かる→体で覚える

何かが変?

→なるほどこういう事!

練習を繰り返すことにより

自分の体が

技術を吸収していきます

閲覧数:142回0件のコメント

最新記事

すべて表示