ウェディング装花・緑のコスト

September 27, 2017

 

 

花き市場で切花は

定価で取引されていません。

 

仮に同じお花でも

季節や需要と供給のバランスで

価格が変動し、仕入れ金額は様々です。

また、果物と同じで

大変高価な商品でもあります。

 

お花だけでなく、グリーンも同じです。

 

ある日の例をあげると、

30cm程度のオリーブの枝が1本180円

30cm程度ハーブが1本70円程度

 

の仕入値で、10本単位で入荷します。

売値ではなくて

市場からの仕入値です。

 

 

私たちがスーパーで購入する

野菜の売値と比べても

ずいぶん高いなと思いませんか?

ほうれん草ならスーパーで1束買える値段で、

切花は1本しか仕入れられないのです。

 

そこらへんに生えてるのになぜ!

と思う植物もあるでしょう。

 

 

私たちも、お客様と同じ気持ちです。

緑をたくさん入れた方が

自然で素敵な仕上がりになる場合が多いので
なるべく仕入れ価格を抑えたいのです。

 

しかし、グリーンであっても

野菜ほどの需要があるわけでもなく

手をかけて育てられた植物で、贅沢品です。

 

お花と同じように、

選別され、傷まないように箱詰めされて

様々な地域から輸送されて

私たちの手元に届きます。

 

 

生産と流通にコストがかかるのは当然に思えてきます。

 

 

お花の引き立て役が多いグリーンですが

1本1本を大切に、

より効果的に使いたくなりますね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

グリーンはイメージほど安価ではありませんが

ボリュームを出したり、

フレッシュな雰囲気を演出することができます。

 

フレッシュな明るい緑を

空間装飾にふんだんに使いたい場合は、

枝物や鉢物、切花などがたくさん出回る
初夏から夏にかけてがおすすめです。

それ以外の季節でも、

濃い緑の常緑の枝物を用意できます。

 

ウェディングブーケなどに入れるグリーンは

ブーケの雰囲気を左右しますから

こだわりたい方が多いと思います。

 

少量であれば、

ほとんどのグリーンが

周年、流通しています。

 

もし流通しない種類があっても、

似た種類のご提案ができますから

ぜひお花屋さんに相談をしてみてくださいね。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリーから検索